• SSL
  • SSLサーバ証明書の公開鍵暗号アルゴリズム

SSLサーバ証明書の公開鍵暗号アルゴリズム

一口に「SSLサーバ証明書」と言っても、異なる暗号アルゴリズムがあるのをご存知でしょうか。Entrust Japanの SSL サーバ証明書は現在RSAという公開鍵暗号アルゴリズムを利用しています。またECCと呼ばれるアルゴリズムにも対応しています。

RSA (Rivest Shamir Adleman )

RSAは1977年にマサチューセッツ工科大学に勤務していた Rivest、Shamir、Adlemanの三人の研究者によって開発された素因数分解を利用した公開鍵暗号方式のアルゴリズムであり、公開鍵暗号の標準として広く普及しています。RSA暗号を解読するには巨大な整数を素因数分解する必要があり、効率の良い鍵の発見方法はまだ見つかっておりません。

ECC (Elliptic Curve Cryptography)

ECC の 特徴としては他の手法よりも短い鍵長を使用する点が上げられます。そのためモバイルデバイスやタブレットの接続の急激な増加に対応可能であり、且つセキュリティを強化することが可能となります。またサーバのプロセスサイクルが少ないため、短時間で多くの SSL のリクエストを処理することができます。

以上の公開鍵暗号アルゴリズムを使用することで、Entrustは高度なセキュリティソリューションを提供しています。ご要望に応じてECCのトライアルなども行っておりますので是非お問い合わせください。

参考情報

→これらのアルゴリズムを利用したSSLサーバ証明書製品はコチラ

無料相談・お問い合わせ