1999年6月1日

エントラストジャパンとエヌ・シー・エル コミュニケーション
Entrust/PKITM認証システムとActivCardの
販売協業を発表

PKI(公開鍵インフラ)ソフトウェア製品のトップベンダーであるエントラストジャパン株式会社(以下エントラスト、本社: 東京都三鷹市、代表取締役社長: 田尾陽一)は、CTIやインターネット電話など常に先進のネットワーク製品を提供しているエヌ・シー・エル コミュニケーション株式会社(以下NCLC、本社: 東京都中央区、代表取締役社長: 織田博靖)にEntrust/PKI(エントラスト/ピーケィアイ)技術の組み込みに協力し、同社が代理店として扱う、仏アクティブカード社のICカード製品であるActivCard(アクティブカード)に関して、「個人認証、暗号化およびディジタル署名」機能のサポートが実現したことを本日、発表しました。これに伴い、ActivCard製品もEntrust-Ready対応製品となり、エントラストとNCLCは認証システム連携製品の販売および企業提案において協業したことも本日、発表しました。

NCLCが扱うアクティブカード社のActivCardは、Entrust/PKI認証システム環境下で、ICカードにディジタル証明書を書き込むことにより、個人認証が可能になります。また、ActivCardは、ネットワーク業界における各種リーディング製品との相互接続性が、すでに保証されている点など、今後のネットワーク・セキュリティの流れをつくるものと注目されます。

ActivCardはローカル・ログイン(Windows NTドメイン、OS/390 RACF、Unicenter TNGログオンなど)、企業ネットワークへのリモート・アクセス、企業のWebサーバーへのアクセスまたは特定Webページへのアクセス、電子メールのディジタル署名および暗号化など機能特徴があります。なお、ローカルおよびリモートでICカードのイニシャライズが可能であり、開発キット(APIあり)により、多くのアプリケーションやサービスとのインターフェースが可能で、カードへの追加情報の管理も可能です。

ActivCardは盗聴、改ざん、なりすまし、否認などの外部からの脅威に対して、ネットワークセキュリティに個人認証を付けることにより、完全な企業/個人を認証することができ、その応用分野として、コンピュータやファイルの保護、企業および企業間通信の保護、ホームバンキングおよびホームトレーディングなどがあります。

ActivCardは次のもので構成されています。

  1. クライアントソフト
  2. 多機能スマートカード
  3. PC/SC型カードリーダ(オプション)
  4. 他にリモートでの群管理用のActivPack(アクティブパック)、アプリケーション開発キットなど

エヌ・シー・エル コミュニケーション株式会社について
昭和61年設立、米国MCI社国際電子メールの日本代理店として通信事業スタート。その後、ファイル事業、通信機器事業を追加。平成8年、CTI事業、テレコンファレンス事業およびインターット事業に進出。さらに、米国Johns Futurex社、フランスActivCard社代理店として、通信セキュリティ事業に進出。平成9年、数々のCTIサブシステムの納入をすると共にインターネットFAX、インターネット電話、金融市場への音声ロギングレコーダなどの新製品を納入、その実用化に成功した。目下Eビジネス時代の到来に備えてセキュリティ製品等レパートリーを 拡大中。




GetAccess、Entrust、Entrust社の全ての製品名はEntrust,Inc.の商標です。その他の製品名ならびにサービス名はそれぞれの会社の商標もしくは登録商標です。

ページの先頭へ