2000年1月27日

エントラストジャパン株式会社
マネージドPKI対応日本語版アプリケーションを販売開始

Entrust/PKI4.0対応日本語版デスクトップ・ソフトウエア・ソルーション群を提供

PKI(公開鍵基盤)によるe-Businessセキュリティ・ソルーションの最大手のエントラストジャパン株式会社(本社:東京都三鷹市、代表取締役:田尾陽一)は、米国エントラスト・テクノロジーズ社製Entrust/PKI4.0対応デスクトップ・ソフトウエア群の日本語対応版製品を1月27日付けで販売を開始しました。

本ソフトウエア群は、デスクトップ環境セキュリティ、ウエブ・セキュリティ、メッセージング・サービス・セキュリティをマネージドPKIにより、一層高度なセキュリティ・レベルで実現する製品の日本語対応版です。

本ソフトウエア群は、以下の特徴を備えています。

  • ユーザ・インターフェイスの日本語化:ユーザに高い利便性を提供します。
  • 日本語オペレーティングシステムへの対応:より一層、高い信頼性を提供します。

今回の日本語対応版デスクトップ製品群の発売により、エントラストの提供するPKI製品群は、従来、煩雑と思われていたPKIソルーションをユーザに親しみやすい環境で利用いただけます。特に、Entrust/Entelligenceは、ユーザのコンピュータ上で動作し、ユーザ・エージェントとして管理者やユーザの負担を強いると言われていた鍵交換処理、鍵更新、証明書取り消し状態確認、鍵紛失時での復旧作業など、鍵/証明書管理に関する一切の処理を自動化することで管理コストを削減することに貢献します。

Entrust/PKI4.0対応デスクトップ・ソフトウエア群は以下の製品で構成されます。

Entrust/Entelligence
企業は、各ユーザごとのマシンにEntrust/Entelligenceを導入させることで、デスクトップ上のオペレーティングシステムと堅固に統合し、安全性に優れたセキュリティ環境を、ユーザにとっての利便性が高いレベルで提供します。

  • 証明書ベースでの暗号/復号、ディジタル署名/検証のサービス
  • 自動的、透過的な証明書管理機能
  • 各Entrust-Ready製品へのシングル・ログオン

Entrust/ICE
Microsoft Windows (R)95、98またはWindows NT(R)と統合して機能するファイル暗号化ユーティリティです。

  • 自動的なファイル、フォルダの保護
  • 完全なファイル削除、および一時ファイルの抹消
  • セキュアファイルの自動的なコピー、移動
  • 複数の受取人を指定した暗号化による、機密情報の共有が可能

Entrust/Express
Entrust/PKI対応アプリケーションとして、企業内でやりとりされる電子メールに暗号化、署名機能をサポート。強固な暗号メールを手軽に実現させます。

  • 使い易いユーザ・インターフェイスにより、電子メール等メッセージング・サービスの暗号化、ディジタル署名を簡単な操作で実現
  • 鍵のバックアップにより、パスワードや鍵を喪失した場合でも復号可能
  • 自動的なCRLチェックにより、メッセージの信頼性の確認
  • メッセージ、添付ファイルの自動圧縮/解凍によるネットワーク負荷の軽減
  • オンライン、オフラインでのメール暗号化/復号化が可能

Entrust/Direct
ウエブ上での電子フォーム・セキュリティ・アプリケーションとして、暗号化とディジタル署名を用いた、ブラウザ、Webサーバ間のセキュアなコミュニケーションを確立。安全なインターネット、エクストラネット環境を実現させます。

  • 証明書ベースでの、認証・暗号化・ディジタル署名の一連の作業を自動的に実行
  • アプリケーションレベルでの双方向認証に対するより高度なセキュリティを提供。SSLでは不充分なセキュリティ要件に対応します。
  • クライアント、サーバー双方で自動的、透過的に行なわれるCRLチェック
  • 複数のセキュアサーバーに対してのシングル・ログオン
  • 128bitの強力な暗号をサポート


ページの先頭へ