2000年2月18日

ご参考資料(翻訳版):
US News Release

エントラストテクノロジーズ社とオラクルコーポレーションが
Eビジネスの先進的セキュリティソリューションの提携を発表

オラクル・コーポレーションとエントランステクノロジーズがEコマースのための
共通セキュリティ・フレームワークの構築に向けて提携

2000年2月7日、e-businessのトップ企業であるオラクル・コーポレーションとPKI(公開鍵基盤)によるe-businessセキュリティ・ソリューションの最大手、エントラストテクノロジーズ社はインターネットを用いたビジネスアプリケーションのセキュリティを強化するためにセキュリティ技術の統合を目指した提携を発表しました。この提携により、現在商業レベルで利用可能な最高水準のセキュリティ・グレードを市場へ提供することを目的にオラクルのデータ・セキュリティ・モジュールとエントラストテクノロジーズ社のPKI(公開鍵基盤)技術の統合利用を可能にします。

この提携により3つの主要な技術分野でe-Businessにおけるセキュリティ強化を充実させることができます。まず、Oracle Advanced Securityは世界で最も定評のあるデータベース・セキュリティ製品で、オラクルが提供する最初のEntrust-Ready?製品になります。Oracle8iの顧客は、Oracle Advanced Securityを経由することで先進的な暗号化、認証および企業利用グレードで高い信頼性を提供するエントラストのセキュリティ機能が利用可能になります。また、エントラストはPKIソフトウエアの主要ソフトウエアコンポーネントをOracle8iデータベース上で利用可能にすることも計画しています。

次にOracle Internet DirectoryオラクルのLDAPディレクトリ製品であるOracle Internet Directorもまた、Entrust/PKIとの動作検証を計画されており、Entrust-Ready?のディレクトリ・サーバーとして登録される予定です。このことによりエントラストPKIから発行された証明書が利用可能状態にあるか否かを確認する証明書の廃棄状況確認処理においてOracle Internet Directoryを利用することが可能となります。Oracle Internet DirectoryはLDAP(Lightweight Directory Access Protocol)のディレクトリ標準をベースにした拡張性のある企業対応のディレクトリ・サービスです。Oracle Internet Directoryは実績のあるOracle8iのデータ管理技術に基づいており、最高レベルの拡張性と信頼性とセキュリティを顧客に提供します。

さらに、オラクルはOracle Internet Directory、Oracle Advanced Security、Oracle Application Serverを含む多様な製品群にEntrust.net認証局のルート証明書を組み込み、e-business全体におよぶ広範囲な環境においてセキュリティの強化を図ることが可能とする計画をしています。現在、これらの技術はすでに開発が進んでおり、2000年夏を目標に出荷が開始される予定です。

オラクルとエントラストは1999年1月から共同で開発を進めており今回の発表は両企業がオラクルのデータベースやディレクトリ製品およびエントラストのPKI製品を通じて補完的なネットワーク・セキュリティ製品を提供することを裏付けるものです。

「オラクルとエントラストの技術を統合して安全に稼動させるよう開発を進めていることを歓迎します。これは国民ユーザーにとっても使いやすく、コスト効果が高く、スケーラブルなセキュリティ・ソリューションを手に入れられることを意味しています。政府としても、アプリケーションには最高レベルのセキュリティが要求されており、その意味でオラクルとエントラストのソリューションは自然な選択だったのです。」と語るのはCommunications Security Establishment(CSE)カナダ政府のIT情報保護局のディレクタBarry Madill氏です。

「Entrust/PKIは市場のリーダでありe-businessやより組織化された高いセキュリティを要求される政府機関で選択されている製品です。これはオラクルにとっても供給を受ける上で非常に好ましいことです。」とオラクルの上級副社長サーバー技術担当のChuck Rozwatは語っており、続けて「我々はエンド・ツー・エンドのe-businessのソリューションに力を入れていく限り、Entrustとの長期的な安定した関係を強化していくことを望んでいます。」とも話しています。

Entrust/PKIは顧客に簡易な暗号化とデジタル署名と認証、アプリケーション間の電子トランザクションを最高のセキュリティと柔軟性、操作性・低価格を提供することで信頼性の高いビジネス間の電子トランザクションとコミュニケーションを可能にします。

「今回のオラクルとの提携によりe-businessのトランザクションとコミュニケーションの将来を安全にする上でエントラストのリーダーシップの位置づけはさらに強力に拡大されます。この提携の結果、顧客はオラクルとエントラストによって提供されるセキュリティ・インフラを利用してe-businessの関係を安全にするためにより効率性を高めるとともにB2BやB2Cを迅速に促進させる事ができます。」とエントラストテクノロジーズ社の上級副社長Bob Heard氏は語っています。

オラクル・コーポレーションについて
オラクル・コーポレーションは、世界をリードする情報管理ソフトウェアのサプライヤであり、世界で二番目に大きなソフトウェア会社でもあります。年間収益は93億ドルを超え、データベースやアプリケーション製品を、関連したコンサルティング、教育、サポート・サービスとともに、世界中の145以上の国に提供しています。ホームページのアドレスは「http://www.oracle.com/」です。


ページの先頭へ