2001年9月10日

ご参考資料(翻訳版):
US News Release

米エントラスト、CiscoのEnterprise VPN Solutionへの
インテグレーションを完了



- 米エントラスト社がCisco VPN Client Soltuion向けのCisco VPN Client Solution Partner Programのインターネット・セキュリティ・ソリューションを拡大 -


米国テキサス州ダラス発 – 2001年9月10日、米国エントラスト社(NASDAQ: ENTU)は、Entrust PKI 5.0がCisco VPN Client version 3.1との相互運用性の検証が終了し、本日、Ciscoの「AVVID Partner Program」に加わったと発表しました

Cisco AVVID(Architecture for Voice and Video Integrated Data)Partner ProgramのセキュリティおよびVPNソリューションの一員として、エントラスト社は企業やサービス・プロバイダーのネットワーク向けに、インターネット・セキュリティの機能を強化した完全なPKIソリューションを提供します。今後、エントラスト社はAVVID Partner Programにおいて、強化された「身元確認」セキュリティを、最新版であるCisco VPN Client v. 3.1向けに提供します。


Cisco AVVID Partner Programには、相互運用性の検証用ツールが用意されており、共同マーケティングのためのプログラムという側面ももっています。そのため、優れた製品やサービス会社が革新的なe-ビジネス・ソリューションを実装することが可能になります。Cisco AVVID Partnerの製品やサービスは、独立した機関が検証し、Ciscoネットワーク技術の特定バージョンと、SAFEセキュリティ・ブループリントのCiscoソリューションとの相互運用性が確認されます。

SAFEセキュリティ・ブループリントは、企業全体のe-ビジネス基盤の危機を削減するセキュリティ技術で、戦略的に利用されたCisco AVVIDネットワークを保護します。相互運用性の検証は、独立したサードパーティの研究機関が厳格な性能検証を同社のソフトウェアの現バージョンに行いました。両社のコラボレーションは、それぞれの顧客がエントラスト社の強化された身元確認およびインターネット・セキュリティの対応力で、管理機能と良好な費用対効果のもとVPNを保護、拡張します。

エントラスト社とCisco社の今回のコラボレーションでは、両社はそれぞれのVPN市場の占有率と商機を拡大することができます。エントラスト社は、6月後半にCisco VPN 3000 Concentrator製品ラインのAVVID Partner Programのガイドラインに合致しました。この段階を経て、エントラスト社は、Cisco VPN Client v.3.1に組み入れた堅牢な「エンド・ツー・エンド」の身元確認セキュリティ・ソリューションを達成しました。Ciscoのクライアント・イニチアチブは、全Cisco VPN製品用のクライアント側プラットフォームをひとつ作ることを意図しており、エントラストのPKI向けのサポートおよび拡張されたセキュリティ管理機能は、重要な設計目標です。企業が多数のクライアント・ユーザーをもつ大企業が、効果的に電子的に身元確認を管理できるエントラスト社のセキュリティ管理機能は、Ciscoのリモート・アクセスVPNソリューションに強化されたインターネット・セキュリティをもたらします。


「エントラスト社とCiscoは、安全なリモート・アクセスVPNの稼働を支援するソリューションを提供すべく、AVVID Partner Programを通じて密接にやってきました。」と語るのは、Cisco VPN & セキュリティの副社長、リチャード・パーマー氏です。「Entrust PKI 5.0ソリューションと当社の新しいCisco VPN Client v3.1との最近の検証では、この組み合わせを強調することができ、両社の顧客に優れたレベルの身元確認セキュリティを提供します。それらは、ネットワークを通じて行われるe-ビジネスの取引をより良く保護します。」

「強化されたセキュリティは、VPNを利用する上で不可欠な要素です。拡張性、利益の良いすばらしいサービスが可能になるからです。」Infonetics Research, Incの上席取締役、ジェフ・ウィルソン氏のコメントです。「パワーを有効にするためには、VPNと強化されたセキュリティは、しっかりとインテグレートされなければなりません。その意味でもエントラスト社とCiscoにとって力強いステップとなりました。」   

「企業がVPN技術で、そのグローバルな労働力とパートナーを接続してマーケット・リーダーへと変化し、セキュリティおよび拡張性の要件に合致する拡張された機能を求めています。」と語るのは、Entrust, Inc.のプロダクト管理担当、副社長のイアン・カリーです。「Ciscoとの共同エンジニアリングにより、両社はCiscoのVPN顧客に強化されたインターネット・セキュリティを提供し、医療記録の送信からB2B取引で販売情報を調べたりするまで、安全、かつセキュアにオンライン活動ができるのです。」

ページの先頭へ