2001年11月9日

ご参考資料(翻訳版):
US News Release

アメリカ合衆国商務省およびNISTは、エントラストの
インターネット・セキュリティ研究に補助金とNIST賞を贈呈


- エントラスト・シグナコム社は重要インフラ保護グラント、
AES開発の指導力を評価され商務省とNISTから金メダルを授ける -


バージニア州マクレーン発 – 米国標準技術研究所(NIST)と米国商務省(U.S. DoC)が米国時間、11月8日、米エントラスト・シグナコム社に電子セキュリティ標準の研究と開発のための研究補助金の支給と金メダル賞を授与しました。エントラスト・シグナコム社は、機能強化したインターネット・セキュリティ・サービスおよびソリューションのグローバル・セキュリティのリーダーであるエントラスト社のプロフェッショナル・サービス部門です。同社は情報セキュリティのコンサルティングを行う組織であり、米国連邦政府向けにプロフェッショナルのサービスを提供しています。

NISTはCIP Grants Program(CIPGP)のもとに重要インフラの保護(CIP: Critical Infrastructure Protection)強化に取り組む団体に与える9つの研究補助金の1つをエントラスト・シグナコム社に支給しました。NISTによれば、この補助金の目的は必要不可欠なサービスをサポートするコンピュータと通信システムを構築するための努力を促進することにあります。CIPGPは、米国政府のコンピュータ・システムと重要なインフラをサイバーテロから守ることに重点が置かれています。


この補助金と賞は、エントラスト・シグナコム社のインフラのための工作の設計(Engineered Compositions for Infrastructure Design)の研究プロジェクトに対して与えられました。この研究は共通評価基準(Common Criteria)の方法論を用いて、小型コンポーネントから大規模な情報技術を構築するというものです。共通評価基準(Common Criteria)は、コンピューティング・システム製品のセキュリティで、14カ国で認定を受けている国際共通評価標準です。

さらに、エントラスト・シグナコム社のセキュリティ技術のディレクタであるマイルス・スミド氏とシニア・ソフトウエア開発者のホアン・サトJr.氏が、米国商務省グループ・リーダーシップ金メダル(U.S. DoC Group Gold Medal for Leadership)を受賞しました。この賞は、米国標準技術研究所(NIST)のセキュリティ部門内の次世代暗号標準(AES)の開発において、10人のメンバーで構成されるチームを統率した功績が認められたものです。授賞式は、11月7日に米国ワシントンD.C.で行われ、商務長官、ドナルドL.エヴァンス氏がワシントンD.C.での式典でメダルを贈呈しました。

金メダルは、AESをリードした10人のメンバーからなるNISTセキュリティ部門内のチームの役割を評価するものです。この賞は卓越した指導力を発揮したことに対して商務省が与えるもので一般市民に与えられるメダルとしては最も高いものです。

エントラストおよびエントラスト・シグナコム社を代表して、「インターネット・セキュリティが我々の国家安全保障にとって不可欠なこのような時期にこのような賞を頂けることに感謝します。」と、エントラスト社長兼最高経営責任者ビル・コナー氏は述べています。「我々は世界中で、革新、情熱およびコミットメントが政府および企業に対する機能強化したインターネット・セキュリティを実現したマイル氏およびホアン氏の栄誉を讃えます。」

AESは、20年間利用されてきたデータ暗号化アルゴリズム(DEA)に替わる新しいアルゴリズムです。データ暗号化アルゴリズム(DEA)より新しく、より高度でより改良されたレベルのセキュリティを提供します。そしてアメリカ合衆国で何百万もの人々、政府そして民営企業部門による民間で今後、使用されます。


NISTについて
米国標準技術研究所(NIST)は、アメリカ合衆国内の連邦エージェンシーです。NISTの使命は、測定、標準化および技術開発を促進して生産性を向上させ、貿易を促がし、生活の質を改善することです。NISTに関するより多くの情報は、こちらのWebサイトを参照してください。


エントラスト・シグナコム社について
エントラスト・シグナコム社は、バージニア州マクレーンに本社を置くエントラスト社の100%子会社です。世界最大の情報技術市場、アメリカ合衆国の政府および海外政府にコンピュータ・セキュリティ・サービスおよび暗号のソリューションを提供しています。また、金融および医療機関産業でもプロフェッショナル・サービスを提供しています。エントラスト・シグナコム社の研究施設は、アメリカ合衆国政府向け情報技術セキュリティで、連邦機関向け暗号分野のテストおよび評価を行う施設として、世界で初めて認定されました。エントラスト・シグナコム社に関する詳細は、http://www.entrust.com/entrustcygnacom/のWebサイトを参照してください。



ページの先頭へ