2001年12月4日

第3回 GetAccess ユーザー会、成功裡に開催される

– 幹事社を引継ぎ、幅広い情報共有の為にユーザー会ホームページも開設 –

エントラストジャパン株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:田尾陽一、以下エントラストジャパン)は、GetAccessユーザーの研鑚を通じて相互の関係強化を図る「第3回GetAccessユーザー会」が以下の通り、成功裡に実施されたことを発表しました。同ユーザー会は、2000年11月16日に発足以来順調に2年目を迎え、今後はプログラムをより一層拡充させ、引き続き継続していきます。

2000年11月16日に発足した「GetAccessユーザー会」は、以下のことを目的としています。
  1. エントラストジャパン社およびユーザー企業間相互の対話の場を提供し、情報交換等を通じて相互の関係強化を図る。
  2. ユーザー各位の知識・技術の育成に努めるために、業務ノウハウ、業界情報、技術情報などの交換、研究、提供の場とする。
  3. GetAccessに対する機能要求、改善要求の提案の場とする。
この目的に沿い、去る11月22日に虎ノ門パストラルにて開催された「第3回GetAccessユーザー会」は、以下の内容で実施され、GetAccess導入事例、ユーザー企業の情報インフラ戦略、セキュリティ分野の最新動向、エントラストジャパン社のGetAccessへの取り組み等多岐に渡る内容が活発に紹介されました。また、発足後1年が経過し2年目に突入したGetAccessユーザー会の新幹事 社の紹介と役員の引継ぎが行なわれました。GetAccessユーザー会の代表幹事社には、株式会社大塚商会、幹事社には東芝ITソリューション株式会社とヤマトシステム開発株式会社がそれぞれ就任しました。同ユーザー会は、参加企業各社の協力を得て、大変充実した内容となり、参加されたユーザー及び販売代理店各位より高い評価を得ることが出来ました。  



第3回GetAccessユーザー会(2001年11月22日実施)概要

ご挨拶
エントラストジャパン株式会社
代表取締役社長 田尾 陽一

エントラストジャパン社のGetAccessへの取り組み
エントラストジャパン株式会社
セキュアWebポータル事業部 広瀬努、伊藤康宏

メタディレクトリを中心にした情報インフラ戦略のご紹介
清水建設株式会社
システム企画室  室井 俊一 氏

24時間安定稼動ASPプラットフォームとしてのGetAccess
株式会社大塚商会
ビジネスオブジェクト技術 シニアアーキテクト 柿崎 敦 氏

個人情報の取り扱いとプライバシーマーク制度
株式会社ディアイティ
ISMSビジネス推進部
マネージャー 河野 省二 氏(日本ネットワークセキュリティ協会)

GetAccessユーザー会の継続について(新幹事社ご紹介)
旭化成情報システム株式会社
情報技術開発室 主査 常盤 正樹 氏



今後、エントラストジャパン社は、GetAccessユーザー会で挙がったユーザーの声を米国Entrust社のプロダクト・デベロップメントに報告し、今後リリースされる製品やサービスにそうしたご要望を反映させる予定です。

又、第3回GetAccessユーザー会では、ユーザー会メンバーからのご要望を反映し新設されたGetAccessユーザー会ホームページが紹介されました。同ホームページはユーザー企業であるインフォアベニュー社の協力を経て開設されており、認証にはGetAccessを用いています。URLは、http://www.biz-horizon.com/getaccess/ です。

発足後2年目を迎えたGetAccessユーザー会は、今後もユーザーおよび販売代理店各社の声を収集し、プログラムを拡充し継続的に運営していきます。第4回GetAccessユーザー会は、2002年前半に開催される予定です。


ページの先頭へ