2001年12月14日

エントラスト、NTTコミュニケーションズに
IPv6 VPNで技術協力


– IPv6情報家電機器にセキュリティ機能としてのVPN通信を実現 –

高度なインターネット・セキュリティ・サービスおよびソリューションのグローバル・セキュリティのリーダーであるエントラストジャパン株式会社(社長: 田尾陽一、本社: 東京都文京区)は、NTTコミュニケーションズ株式会社(略称: NTT Com)にIPv6*1(Internet Protocol Version 6)に対応した情報家電機器などでVPN通信を実現する「IPv6 VPNシステム」の開発における技術を供与しました。

今回の技術協力は、エントラストがIPv6用の「IPSec Toolkit for C/C++」を開発し、NTT Comが情報家電機器をWebブラウザなどから簡単に制御できる「情報家電コントローラ」と端末間でのセキュリティ機能(IPSec)を簡単な操作で設定ができる「IPv6 VPNシステム」を開発しました。また、IPv6によるVPN通信での運用は、VPN証明書を生成・発行する認証機関としてEntrust Authority Security Manager (CA)、DirectoryおよびEntrust Authority Security Manager Administration (RA)など総合的に技術の協力をしました。



NTT Comは今回、IPv6普及・高度化推進協議会(会長: 慶應義塾大学 村井 純教授)*2が総務省や通信・放送機構(TAO)と連携して推進している「情報家電インターネット」実証実験の一環として、IPv6インターネットを介してあらゆる情報家電機器をWebブラウザなどから簡単に制御できる「情報家電コントローラ」と端末間でのセキュリティ機能(IPSec)を簡単な操作で設定できる「IPv6 VPNシステム」を開発し、これらを12月15日~16日にパシフィコ横浜(横浜市西区みなとみらい)で開催されるNet.Liferium 2001(ネット・ライフリウム2001、主催: Net.Liferium実行委員会、運営: Net.Liferium運営事務局)に出展します。また、これと同時に「情報家電インターネット」実証実験において、「情報家電コントローラ」を活用した新しい情報家電インターネットのアイデアを提供していただく400名のモニターをIPv6普及・高度化促進協議会(情報家電モニター事務局)が募集しています。


*1: インターネットは通信する際に互いの所在を識別する手段として、IPアドレスと呼ばれるものを利用し、情報をパケットという単位に分割してやり取りをしています。このIPアドレスは、インターネットに接続する端末が固有にもつ住所のようなものにあたります。現在、一般に使用されているIPv4(Internet Protocol Version 4)は、32ビットのアドレスを8ビット毎の10進数にして利用していますが、この方式だと理論上、約43億台のIPアドレスしか用意できないことになり、昨今のインターネットの爆発的な普及で、このIPアドレスが枯渇する事態が懸念され始めました。これに対応する技術として、ブロードバンド時代のインターネットを支える基盤技術として誕生したのが、IPv6(Internet Protocol Version 6)です。IPv6は、IPv4で32ビットであったIPアドレスが、128ビットに変わります。このことにより、IPアドレスは、10の38乗という天文学的な量が確保されることになります。同時にIPv6は、セキュリティ機能やネットワーク接続の設定を容易にする機能などが盛り込まれ、ブロードバンド・インターネットを支える中核のテクノロジーとして注目されています。大量に使えるIPv6対応のIPアドレスは、家電製品や自動車、携帯電話など様々なデバイスをインターネットに接続することを可能にします。

*2: IPv6普及・高度化推進協議会は、慶應義塾大学 村井 純教授を会長に総務省をオブザーバーに迎え、平成12年10月に設立されました。主にIPv6による次世代インターネットの普及推進を目的とし、IPv6による次世代インターネットの普及促進のための具体的な活動を行っております。また、本協議会は通信・放送機構や総務省と連携して、情報家電のIPv6化に関する実証実験を推進するとともに、IPv6への移行期におけるアドレス管理の在り方の検討、IPv4アドレスの枯渇状況やIPv6アドレスへのニーズなどの調査研究、イベントへの出展やショールームの設置・運営など、IPv6普及促進を目的とした事業を展開しています。IPv6普及・高度化推進協議会の詳細については、Webサイト http://www.v6pc.jp/ を参照してください。



ページの先頭へ