平成14年9月5日
報道関係各位
日本電気株式会社
エントラストジャパン株式会社
株式会社アシスト

NEC、エントラストジャパン、アシストが情報システム利用における
セキュリティ強化を実現する「ユーザ認証基盤ソリューション」分野で協業

 日本電気株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:西垣 浩司、以下 NEC)およびエントラストジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:ブラッド・オーモンド、以下 エントラストジャパン)、株式会社アシスト(本社:東京都港区、代表取締役:ビル・トッテン、以下 アシスト)はこのたび、情報システム利用におけるセキュリティ強化を実現する「ユーザ認証基盤ソリューション」分野で協業することにいたしました。

 このたびの協業は、「ユーザ認証基盤ソリューション」に関する技術開発・製品連携・サポート提供などを3社共同で推進するものであり、主な内容は以下の通りであります。

1. NECのディレクトリサーバ「EnterpriseDirectoryServer(エンタープライズディレクトリサーバ)」とエントラストジャパンのシングルサインオン/アクセス管理ソフトウェア「Entrust GetAccess(エントラスト ゲットアクセス)」を連携するとともに、アシストが有する「Entrust GetAccess」に関するサポート技術力を組み合わせた「ユーザ認証基盤ソリューション」を提供する。これにより、高い安全性と優れた操作性を両立した「ユーザ認証基盤」の構築を短期間かつ経済的に実現する。

2. 「EnterpriseDirectoryServer」と「Entrust GetAccess」の製品連携や関連する技術開発、3社共同で提供する「ユーザ認証基盤ソリューション」とNECの企業情報ポータル製品「BusinessPortal(ビジネスポータル)」をはじめとするソフトウェア製品との動作検証、ユーザ企業に対するデモなどを行なうためのセンターを本年10月にNECの「iBestSolutions Center(アイベストソリューションズセンター)」(東京都港区)内に設置する。

3. 3社共同で提供する「ユーザ認証基盤ソリューション」について、共同セミナーの開催や展示会での協力など、マーケティング活動や販売推進活動を展開する。その一環として、9月10日(火)に開催する「エントラストセキュリティフォーラム2002」(会場:センチュリーハイアット東京(東京都新宿区))のセミナーでこのたびの協業について紹介する。
また、ユーザ企業のニーズに対応したソリューション提案やシステム構築を実現するため、営業要員やSEに対する教育やトレーニングを共同で推進する。

 NECは、このたびの協業に基づく「ユーザ認証基盤ソリューション」を、市場規模の拡大とニーズの多様化が見込まれるセキュリティ市場に対する主力ソリューションのひとつに位置付けて提供してまいります。これにより、NECの統合セキュリティソリューション「iBestSolutions/Security」の強化を図り、ユーザ企業のニーズに対応したソリューション提供を推進してまいります。

 エントラストジャパンは、NECの「EnterpriseDirectoryServer」をエントラスト製品との連携を保証する「Entrust Ready」製品に認定しており、このたびの協業はエントラスト社製品と「EnterpriseDirectoryServer」を活用したソリューション提供を拡大するものであります。これにより、エントラストジャパンでは国内におけるエントラスト社製品の普及を推進してまいります。

 アシストは、国内における「Entrust GetAccess」の販売について豊富な実績を有しており、「Entrust GetAccess」の導入から保守サポート、教育、カスタマイズなどの技術支援まで顧客を幅広くかつ強力に支援するサポートサービスを提供しております。このたびの協業により、こうした実績・ノウハウとNECのシステム構築ノウハウなどを融合することで、ミッションクリティカルシステムに対する「Entrust GetAccess」の適用を拡大してまいります。

 近年、不正アクセスなどによって顧客情報をはじめとする重要情報が流出することが、企業の社会的信頼性の低下につながることから、企業の情報システムのセキュリティに対する必要性が急激に高まっております。このため、企業においては、システムのユーザアクセスを管理し、情報システムに対するセキュリティの向上と、システムを利用する際の簡略な操作性を両立させたいというニーズが高まっております。
NEC、エントラストジャパン、アシストでは、こうした市場ニーズに応えるため、協業することにいたしました。このたびの協業により、幅広い顧客に対して、安全性の高い「ユーザ認証基盤」を提供するとともに、eビジネス環境の拡大や電子政府・電子自治体の推進への貢献を目指してまいります。

 各社の概要、「EnterpriseDirectoryServer」と「Entrust GetAccess」の製品概要については、別紙をご参照ください。

以上


<本件に関するお客様からの問い合わせ先>
NEC インターネットソフトウェア事業部 大瀧・山井
電話:(03)5476-1914

エントラストジャパン マーケティング部 広瀬/羽柴
電話:(03)5211-8900
e-mail:mktg@entrust.co.jp

アシスト 運用技術統括部 岡田
電話:(03)3437-6671
eメール:mokada@ashisuto.co.jp

<本件に関する報道関係からの問い合わせ先>
NEC コーポレート・コミュニケーション部 稲葉
電話:(03)3798-6511
eメール:s-inaba@ak.jp.nec.com

エントラストジャパン マーケティング部 広瀬/羽柴
電話:(03)5211-8900
e-mail:mktg@entrust.co.jp

アシスト 経営企画本部 広報部 田口
電話:(03)3437-4540
eメール:etaguchi@ashisuto.co.jp



<別紙1>
各社の概要

■NEC
会社名: 日本電気株式会社
代表者: 代表取締役社長 西垣 浩司
所在地: 東京都港区芝5-7-1
資本金: 2,447億円
設立時期:1899年7月
従業員数:単独 32,054名  連結 141,909名
主な事業内容:
コンピュータ、通信機器、電子デバイス、ソフトウェアなどの製造販売を含むインターネット・ソリューション事業

■エントラストジャパン
会社名: エントラストジャパン株式会社
代表者: 代表取締役社長 ブラッド・オーモンド
所在地: 東京都千代田区神田神保町2-23 アセンド神保町ビル3F
資本金: 7億6,200万円
設立時期:1998年12月
従業員数:32名
主な事業内容:
エントラストジャパンは米国エントラスト社の日本総販売代理店として設立され、日本市場向けにエントラスト社製品の販売を行なっている。主な製品は公開鍵暗号方式(Public-Key Cryptography)をベースにした、認証機関(CA)システム製品、デスクトップ・セキュリティ製品、Webセキュリティ製品など。

■アシスト
会社名: 株式会社アシスト
代表者: 代表取締役 ビル・トッテン
所在地: 東京都港区虎ノ門3-1-1
資本金: 1,000万円
設立時期:1972年3月
従業員数:712名
主な事業内容:
「GetAccess」をはじめ、データベース、情報活用/分析、運用管理、開発支援ツールなど、多種多様なビジネス向けパッケージソフトウェアの販売、技術サポート、教育およびコンサルティング



<別紙2>
製品の概要

■「EnterpriseDirectoryServer」
ユーザ情報の格納庫となるサーバソフトウェアで、経済産業省をはじめとした政府電子認証での利用実績を有している。
(1)業界標準のLDAPv3(Lightweight Directory Access Protocol version 3)、X.500、TLS(Transport Layer Security)に準拠していること、(2)10億人分を超える大量の認証データを格納できる大規模性を有していること、(3)ユーザ情報を格納するのに必要な属性を追加することができる拡張性を有していること、(4)データベースエンジンを搭載しているためトランザクション異常時のリカバリー機能を実現して信頼性を高めており、ミッションクリティカル分野での使用に適していること、などの特長を有している。

■「Entrust GetAccess」
複数のWebサイトに分散する認証システムを統合し、アプリケーションやアクセス権限を集中的に管理することで、セキュアなWebポータルソリューションを提供するソフトウェア。シングルサインオン/アクセスコントロール製品として国内で数多くの導入実績を有しており、セキュアなWeb認証基盤を短期間で構築し、その拡張性によってあらゆるシステムに適合することができる。今後、シングルサインオンの新しいフレームワークSAMLにも対応していく予定。

ページの先頭へ