2003年2月4日

エントラストジャパン株式会社

エントラスト、2002年度第4四半期決算を発表
~政府関連とセキュアなデスクトップ・アプリケーションの成功を受け増収~

本資料は米国エントラスト本社より配信されたニュースを抄訳したものです。
(詳細については次のURL http://www.entrust.com/news/files/01_23_03.htm(英文のみ)をご覧ください。)

エントラストジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役COO:ブラッド・オーモンド)の米国親会社 であるEntrust, Inc. (本社:テキサス州ダラス、会長兼社長兼CEO:ビル・コナー、Nasdaq : ENTU) は米国時間の1月23日、以下のニュースを発表しました。

 総売上は2,470万ドルと第3四半期比3%の伸び-前年同期比では13%の減少
 ソフトウェア売上は970万ドル-第3四半期比14%の伸び
 政府関連分野でソフトウェア売上の51%を達成、第3四半期での23%から増加
 平均購入価格は12.4万ドル-第3四半期比28%、対前年同期比53%の伸び
 一株あたりの純損失は7セント-第3四半期比1セント、対前年同期比2セントの改善
 見積経常損失は一株あたり6セント-2002年第3四半期は7セント、前年同期は4セント
 バランスシート- 現金と有価証券で1億3,140万ドルを保有、負債なし

米国テキサス州ダラス発 ― インターネット・セキュリティ・ソリューションの世界的なリーディングプロバイダであるEntrust, Inc. [Nasdaq : ENTU]は2002年12月31日締めの第4四半期決算を発表しました。

当期の普通株に対する見積経常損失(下記注)は400万ドル、一株あたり6セントでした。これは2002年第3四半期に比べ、60万ドル、一株あたり1セントの改善となっています。前年同期は一株あたり4セントの見積経常損失でした。2002年12月31日締めの2002年度では、普通株に対する見積経常損失(注)は1,550万ドル(18.6億円)、一株あたり24セントでした。これに対して、2001年通年での見積経常損失は4,250万ドル、一株あたり67セントで、経常収益改善は2,700万ドル、一株あたり43セントとなりました。

Entrustの2002年第4四半期純損失は460万ドルを記録し、これは一株あたり7セントにあたります。同年第3四半期は、520万ドルの純損失で、一株あたり8セントでした。前年同期の純損失は、570万ドル、一株あたり9セントでした。2002年12月31日締めの会計年度では、Entrustは1,790万ドル(21.5億円)、一株あたり28セントの純損失を計上しましたが、前年同期12ヶ月間では、5億4370万ドル、一株あたり8.57ドルの欠損になりました。

売上は、2002年第4四半期で2,470万ドルと、同年第3四半期に比べ3%の増加、前年同期に比べて13%の減少となりました。2002年通年での売上は、1億270万ドルで前年比13%の減少でした。

「第4四半期と通年の業績改善に満足しています。この第4四半期で、ソフトウェア売上が、年間で初めて対前四半期比増加したのに加え、引き続きコスト構造を改善しました。インターネット・セキュリティプロバイダーの中では、最も広範囲なポートフォリオと最低のコスト構造を実現し、素晴らしい財務内容で一年を終えました。」と、Entrust会長兼社長兼CEOのビル・コナーは語り、「全体として、2002年はお客様にとっても、我が社にとっても極めて重要な年でした。厳しい経済環境ではありますが、将来に備えて中核となる技術と市場に投資をしました。」と結んでいます。

(注)普通株に対する見積経常損失は、買収関連費用(取得した仕掛り研究開発費、買取後の製品権、のれん代とその他無形資産の減価償却)、リストラ費用、特別非経常費用差し引き前の純損失を意味します。

 

以上

Entrust, Inc.(米エントラスト社)について
米エントラスト社(Nasdaq: ENTU)は、インターネットを介してビジネスとトランザクション処理をより安全に実行する、性能強化されたインターネット セキュリティ ソリューションおよびサービス市場における世界的なリーディング プロバイダーです。エントラストは、認証、権限付与、検証、プライバシー、セキュリティの各種マネジメント機能を業界で最も広範に網羅しています。40カ国以上で1,500以上の大手企業、サービス プロバイダー、金融機関および政府機関が、業界賞を受けたエントラストのテクノロジー ポートフォリオを通じて提供されるプライバシー、セキュリティおよび信用を活用しています。さらに詳しい情報は、エントラスト社のホームぺージhttp://www.entrust.com をご覧ください。

エントラストジャパン株式会社について
エントラストジャパン株式会社は、米国エントラスト社(http://www.entrust.com)の日本総販売代理店として、1998年12月に設立され、日本市場向けにエントラスト社製品の販売を行っています。主な製品は公開鍵暗号方式(Public-Key Cryptography)をベースにした、認証機関(CA)システム製品、デスクトップ・セキュリティ製品、Webセキュリティ製品などです。
エントラストジャパンの概要は、Webサイトhttp://japan.entrust.com/ をご参照ください。

北米および特定の他の国々において、Entrustおよびエントラスト社の全ての製品名はエントラスト社 の商標もしくは登録商標です。また、カナダにおいては、EntrustはEntrust Technologies Limitedの登録商標です。その他の製品名ならびにサービス名はそれぞれの会社の商標もしくは登録商標です。


■エントラストジャパン株式会社連絡先
エントラストジャパン株式会社
担当: 広瀬 努(hirose@entrust.co.jp)/羽柴 愛子(hashiba@entrust.co.jp)
Tel: 03-5289-8880 Fax: 03-5289-8870

■本件に関するお問い合わせ先(報道関係者向け)
株式会社エル・ビー・エス
エントラストジャパン社広報担当: 池尻 美奈子
Tel: 03-5563-4246 Fax: 03-5563-4886 email:mikejiri@lbs.co.jp

ページの先頭へ