2004年9月22日

エントラストジャパン株式会社



エントラストジャパン、パートナー戦略について



エントラストジャパン株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長: ジェイ ケンドリー、以下エントラスト)は、本日2004年8月より新パートナー戦略をスタートしました。
エントラストは、日本エンコマースを統合して今年で3年目を迎えました。プロダクトベンダーの基、販売代理店の強化を行って参りました。昨今、エンドユーザーは個人情報漏洩対策、セキュリティITインフラの整備が急務となっております。
エントラストは、具体的なセキュリティ対策に答えていく必要があります。その為には、セキュリティ製品及びサービスの拡充、セキュリティ対策方法の最善な提供が重要な鍵であります。
今後エントラストは、プロダクトベンダーからセキュリティソリューションベンダーへと事業転換して行く予定です。

営業本部 本部長 岡田和敏は具体的に3つの戦略を推進します。一つ目は、製品のカスタマイズ、オプション製品の開発、導入する為のコンサルティング業務を行います。二つ目は、サポート強化を行う予定です。現在日本の社員を数名エントラストの技術センターに派遣しスキル移転を行っています。三つ目は、今までの販売代理店制度を一新し、セキュリティビジネスに積極的なシステムインテグレ-タ会社との協業強化して参ります。エントラストはSSO,PKI共にTOPシェアを占めており、現在350社強の大手顧客に導入実績があります。向こう2年間で500社にまで拡大することを目指します。この目標を達成する為に、以下の点を強化、推進します。
  1. 主要5社とのセキュリティソリューション提供に向けた連携強化
    プロダクト販売するディストリビュータからソリューションを提供できる導入、設計、コンサルティング等のトータルサービスの提供をセキュリティソリューションベンダー主要5社と協業し強化支援します。主要5社は、富士通株式会社、セコムトラストネット株式会社、株式会社日立システム、アンドサービス、日本ヒューレット・パッカード株式会社、ネットワンシステムズ株式会社であります。

  2. SIパートナーの新規設置
    GetAccess,PKIの導入は、業務アプリケーションとの連携が必須となっております。今までは、エントラスト製品を販売するだけのパートナーと協業しましたが、 今後はGetAcccess,PKIのインストール、構築、構築支援を専門的に事業の柱とするパートナーとの協業を強化して参ります。SIパートナーに対して教育を 積極的に行います。 SIパートナーとしては、株式会社CSK,株式会社エクサ、ソラン株式会社、コベルコシステム株式会社、住生コンピューターサービス株式会社が参画する予定であります。

  3. 他社製品との連携強化
    ICカードとの連携、ディレクトリ、Webサービス関連ツール、DRM、アイデンティティマネージメント製品等の連携強化を行います。 


以上




■エントラストジャパン株式会社連絡先
エントラストジャパン株式会社
担当: 広瀬 努 (mktg@entrust.co.jp)
Tel: 03-5289-8880  Fax: 03-5289-8870


ページの先頭へ