2005年2月15日

エントラストジャパン株式会社


外部認証機能を強化したWebシングルサインオン製品
Entrust GetAccess の新版提供開始

~統合Windows認証、SAML1.1へ新たに対応~



エントラストジャパン株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長: ジェイ ケンドリー、以下、エントラストジャパン)は、Webシングルサインオン製品の最新版「Entrust GetAccess 7.1」(日本語版)の国内市場への出荷を、本日より開始することを発表いたします。

Entrust GetAccessは1度のログインで全てのWebアプリケーションへのアクセスを可能にさせるWebシングルサインオンを実現するソフトウェアです。本製品は、これまで、ディジタル証明書、LDAP、ワンタイムパスワードなどの外部の認証システムと連携できるインターフェースを標準で備えていました。Entrust GetAccess 7.1では、この外部認証システムとして、新たに統合Windows認証に対応いたしました。
統合Windows認証では、Webブラウザが、利用しているコンピューターのユーザー情報を、ユーザーID、パスワードを入力しなくとも自動的にWebサーバーに送信してくれるため、デスクトップへのログオン後は、新たにWebシステム用に認証を行う必要がなくなります。
統合Windows認証と、Entrust GetAccessをあわせて利用することで、PCデスクトップログインとWebシステムの認証を統合することが可能となり、ログイン手続きをより省力化できるため、Webシステムの利便性が一層向上します。
また、本バージョンでは、フェデレーションアイデンティティの標準規格であるSAML1.1に対応いたしました。従来のバージョンでは、SAML1.0の認証アサーションのみに対応しておりましたが、本バージョンでは属性アサーションにも対応し、異なるWebシステム間の相互認証のみならず、属性情報に基づく、アクセス権限管理などにも応用することが可能になります。
SAMLへの対応は、今後も積極的に続け、2005年後半には、SAML2.0への対応を予定しています。


Entrust GetAccess7.1の主な新機能は以下の通りです。
 ・ 統合Windows認証対応
 ・ SAML1.1対応
 ・ Microsoft Windows2003 ActiveDirectory Application Mode対応
 ・ フェールオーバー機能の強化

「Entrust GetAccess 7.1」は、エントラストジャパンの販売パートナーを通じて販売され、価格は1,000ユーザーで619.5万円(税込)から提供されます。


以上



エントラストジャパン株式会社連絡先
エントラストジャパン株式会社 マーケティング部
担当: 広瀬 努 (mktg@entrust.co.jp)
Tel: 03-5289-8880  Fax: 03-5289-8870

ページの先頭へ