2005年5月31日

エントラストジャパン株式会社


エントラストジャパン、Entrust® TruePass 8.0の提供を開始

Javaアプレットのダウンロードを軽量化し、さらに快適な使い勝手を実現



エントラストジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長::ジェイケンドリー、以下、エントラストジャパン)は、Entrust TruePass(エントラストトゥルーパス)の最新版である8.0を日本国内で本日より提供開始したことを発表いたします。

「Entrust TruePass」は、ディジタル証明書とJavaアプレットを利用することによってHTMLページや、Webフォームに入力されたデータの永続的な暗号化・ディジタル署名を実現するソフトウェアです。通信経路だけを暗号化するSSLに対して、「Entrust TruePass」はエンド・ツー・エンドでデータを守ります。特別なPCクライアントソフトウェアを利用せずにWebシステムに高度なセキュリティをもたらすため、BtoCサイトなどユーザーの利用環境を限定することができないサイトでも利用が可能です。またディジタル証明書の自動更新機能や、ICカード対応、ローミング対応など、ユーザーの様々なニーズに応じた幅広い証明書管理の仕組みを備えています。さらには、オンライントランザクションの成立を保証するユーザーとサーバー両者のディジタル署名付与の機能を、既存アプリケーションに容易に組込むことを可能にするフレームワークを提供しており、オンライン取引行為に対する安全性を高めることが可能です。

本日提供を開始した「Entrust TruePass 8.0」は、2003年8月にリリースされた「Entrust TruePass 7.0」の後継バージョンで、機能強化点は以下の通りです。

  • ダウンロードするJavaアプレットの更なる軽量化
  • ファイルへの署名/暗号化、アップロード機能が250MBまで対応可能
  • パスワードポリシーにパスワードの有効期間と履歴設定が可能
  • Microsoft Windows Server 2003 Standard Edition及びEnterprise Editionのサポート
  • Apple/Safari、Linux/Mozillaクライアント環境のサポート
  • Sun Java Plug-in 1.5(一部ブラウザ除く)のサポート


同時提供開始の「Entrust Authority Self-Administration Server(エントラストオーソリティセルフアドミニストレーションサーバー)8.0」との組み合わせにより、エンドユーザー自身が、パスワードの復旧、証明書の再発行等をすることができます。セルフサポートの実現により、運用の手間を削減し、サービスレベル向上も図れます。

「Entrust TruePass 8.0」は、エントラストジャパンの販売代理店を通じて販売され、価格は、500ユーザーで8,400,000円(税別)からの提供となります。なお、「Entrust Authority Self-Administration Server 8.0」は、無償提供となります。


以上





<お問い合わせ先>
エントラストジャパン株式会社
マーケティング部
担当:宮部(mktg@entrust.co.jp
Tel: 03-5289-8880  Fax: 03-5289-8870

ページの先頭へ