2005年8月15日

エントラストジャパン株式会社


Siemens社、企業ポータルにEntrust GetAccessを採用
11万以上のユーザーにセキュアなアクセスを提供


*本資料は、Siemens AG及びEntrust, Inc.より、現地時間の2005年8月3日に配信されたニュースリリースを抄訳したものです。

ミュンヘン及びダラス発 ? Siemens AG(以下Siemens社)ディジタルID及びインフォメーション・セキュリティ分野において世界のリーディング・カンパニーであるEntrust, Inc.(Nasdaq:ENTU、本社:米国テキサス州ダラス、会長兼社長兼CEO:ビル・コナー、以下Entrust社)は、本日、Siemens社が2003年から使い続けていたWebのシングルサインオン・システムをEntrust Get Access7.1に無事置き換え完了したことを発表いたしました。

Siemens社の企業ポータルは、世界中の従業員にSAP HRのような基幹系システムを含むビジネスアプリケーションへのアクセスを提供しています。2003年春、Siemens社は、社内の強力なセキュリティ及び柔軟性への要件に基づき、Entrust GetAccessを活用して、Webベースのアプリケーションへのシングルサインオン及びアクセス制御を行うことを決定しました。

現行バージョンのEntrust GetAccess7.1は、ヨーロッパのSiemens従業員11万人以上に使われ、毎日4万名の従業員がシステムにアクセスしています。この数字は日々増え続けていて、システムのスループットや拡張性への要望が高まっています。ヨーロッパ地域でのEntrust GetAccessへの置き換えが完了しましたので、次のステップとして、北米の4万名の従業員、パートナーや顧客を含めた外部の約1万名の企業ポータルアクセスの展開計画を練っています。さらには、Windowsのログインベースの認証と連携させてグローバルなシングルサインオンも構想中です。

「均一のポータル環境をつくり、Siemens社の主要なアプリケーションやサービスを効果的に管理し、守っていきたかった。」とSiemens社のE-Applications担当Director、Petra Kuther氏は語っています。「もし適切な権限があれば、われわれのユーザーは1回のWebアクセスですべてのアプリケーションにアクセス可能です。」

「Entrust社としては、長年築いてきたSiemens社との協力関係が、さらに拡がったことを大変うれしく思います。」とEntrust社Continental EuropeのVP、Hans Ydemaは語っています。「Entrust GetAccessにより、多国籍企業であるSiemens社は、アクセス制御や認証により提供される効果的な管理への多様なオプションを享受できる理想的なプラットフォームを実現しました。」

詳細については、http://www.entrust.com/news/2005/6126_6306.htm をご参照ください。


以上





<お問い合わせ先>
エントラストジャパン株式会社
マーケティング部
担当:宮部(mktg@entrust.co.jp
Tel: 03-5289-8880  Fax: 03-5289-8870

ページの先頭へ