2005年10月14日

エントラストジャパン株式会社


エントラストジャパン、Entrust® IdentityGuard7.2の提供を開始
VPNリモートアクセス認証に対応。トライアル用パッケージも同時発売


エントラストジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:ハンス・ダウナー、以下、エントラストジャパン)は、Entrust IdentityGuard(エントラストアイデンティティガード)の最新版である7.2を日本国内で本日より提供開始したことを発表いたします。

Entrust IdentityGuardは、ユーザー毎に異なる乱数表を配布し、行・列で指定された乱数表上の英数字をサーバーに送ることでログイン認証を行うソフトウェアで、パテント(米国特許:No.5712627)を取得しています。ID/パスワードという「知っていること」(something you know)と、乱数表という「持っているもの」(something you have)の二要素を組み合わせることで、ログイン認証強化が、ハードトークンに比べ、より安価に、より容易な運用で実現可能となります。乱数表上の英数字の組み合わせは天文学的な数字で、要求される行・列が認証の度に変わる「ワンタイム」のため、キーロガーによるID盗難対策にも有効です。

本日提供を開始したEntrust IdentityGuard 7.2の機能強化点は以下の通りです。

  • Radius Proxy Server機能追加
  • Oracle 9i、IBM DB2 V8.2をリポジトリに追加サポート

今回、RadiusのProxy Serverとして稼動が可能になったことにより、VPNリモートアクセス認証との連携が実現しました。すでに検証済みのVPN機器は、以下の通りです。

<IPSec>

  • Cisco VPN 3000 Series Concentrator 4.7
  • Nortel VPN Router CES1700D(Contivity)V05_05.117

<SSL VPN>

  • F5 Networks FirePass 1000 V5.4.1
  • Juniper Secure Access IVE4.2 R2 SSL VPN

基本的にRadius認証をサポートする認証機器であれば連携が可能です。

今回の発売を記念して、すぐに導入してトライアルしていただける「Entrust IdentityGuard クイックスタート・パッケージ」を本日より出荷開始いたします。

<クイックスタート・パッケージ概要>

  • 期間: 2005年10月14日(金)から2005年12月30日(金)まで
  • 内容物
  • IdentityGuard 100ユーザーライセンス
  • IdentityGuard 1サーバーライセンス
  • 乱数カード100枚
  • 管理者トレーニング2日間(1名)
  • 初年度保守費用
  • 価格:998,000円(税別)
  • お申込方法:http://japan.entrust.com/events/campaign/index.htmlよりお申込ください。

また、2005年10月26日(水)~10月28日(金)に東京ビッグサイトで開催の「日経BP社 Security Solution 2005」(エントラストブース小間番号:348)でEntrust IdentityGuard 7.2を展示いたします。

 

以上





<お問い合わせ先>
エントラストジャパン株式会社
マーケティング部
担当:宮部(mktg@entrust.co.jp
Tel: 03-5289-8880  Fax: 03-5289-8870

ページの先頭へ