2007年10月30日

エントラストジャパン株式会社

暗号化機能をさらに強化し、高いセキュリティ対策を実現した
ディジタル証明書管理ツールの新バージョン
「Entrust® Entelligence™ Security Provider 8.0 for Windows®」提供開始



  エントラストジャパン株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:保坂 真)は、10月30日よりディジタル証明書管理ツールの新バージョン「Entrust® Entelligence™ Security Provider 8.0 for Windows®(エントラスト エンテリジェンス セキュリティ プロバイダー 8.0)」 の販売を開始いたします。
今回のバージョンアップは、当社が推進する「レイヤードセキュリティ戦略」に基づく新たな製品ラインアップ展開(※2007年10月23日発表)に基づくものであり、「Entrust® Authority™」と組み合わせることにより、レイヤードセキュリティの1ソリューションを提供します。

■ファイル暗号化機能の強化等により、高いセキュリティ対策を実現した新バージョン
  「Entrust® Entelligence™ Security Provider for Windows®」は、Windowsベースのクライアントマシンのデスクトップに常駐し、ディジタル証明書の発行・管理を行う、ディジタル証明書管理ツールです。軽量のソフトウェアをクライアントマシンにインストールするだけで、ディジタル証明書の発行はもちろん、再発行や有効期限に応じた更新等をユーザー自身がウィザードベースで簡単に行ったり、証明書の発行フローを自動化することができ、従来管理者とユーザーの双方に負荷がかかるとされていたディジタル証明書管理の手間を大幅に削減することができます。また、ユーザー証明書だけではなく、デバイス証明書の管理も可能で、不正なマシンによるネットワークのアクセスや利用を未然に防ぐ事ができます。

新バージョンの「Entrust® Entelligence™ Security Provider 8.0 for Windows®」では、ディジタル証明書を利用したファイルの暗号化機能を従来のバージョンよりさらに強化し、個人・グループ別の暗号化機能を実装しました。暗号化を行ったユーザー本人が、複号可能なユーザーやグループ範囲を選択できるため、ファイルの機密性等に応じてより高いレベルのセキュリティ対策が可能となります。また、インストールパッケージのカスタマイズ機能の強化、セキュリティの高い新署名アルゴリズムのサポート等、管理者・利用者双方の柔軟性を高めつつ総合的なセキュリティの強化を行っております。

新バージョンの主な特長は下記の通りです。

【製品概要】
・製品名 「Entrust® Entelligence™ Security Provider 8.0 for Windows®
(エントラスト エンテリジェンス セキュリティ プロバイダー 8.0)」
・発売日 2007年10月30日
・価格 個別見積(弊社もしくは販売代理店へお問い合わせください)


【製品特長】
ディジタル証明書を利用した暗号化機能をさらに強化、ユーザー範囲を限定した暗号化が可能に
「Entelligence™ Security Provider for Windows®」をインストールしたクライアントマシンでは、ディジタル証明書を利用した強力な暗号化機能を、各ユーザーがウィザード形式で容易に利用できるようになります。今回この暗号化機能をさらに強化し、特定のユーザーだけが複号できるようにカスタマイズして暗号化できる、個人・グループ別の暗号化機能を設けました。これにより、暗号化を行ったユーザー本人が複号可能なユーザーグループ範囲を選択できるため、ファイルの機密性等に応じて、より高いレベルのセキュリティ対策が可能となります。

ディジタル署名の検証結果を容易に確認できる“セキュリティステータスタブ”機能
ファイルへのディジタル署名をチェックすることで暗号化されたファイルの改竄の有無等のチェックが可能です。新バージョンでは、暗号化されたファイルのプロパティに“セキュリティステータスタブ”機能が追加され、ファイルの暗号アルゴリズムやディジタル署名の検証結果を簡単に確認することができます。

インストールパッケージのカスタマイズが容易に行えるユーティリティを付属
インストール時の設定情報作成ユーティリティにより、管理者サイドで利用状況に応じたインストールパッケージの容易なカスタマイズが可能になりました。
インストールする機能の選別から、認証サーバーのアドレス、証明書更新などのイベントのチェックスケジュール等、アプリケーション実行に必要なほとんどの情報をあらかじめ定義したインストールパッケージを作成可能です。ユーザーサイドでの複雑な設定は一切不要です。

よりセキュリティの高い新アルゴリズムをサポート
従来サポートしていたアルゴリズムSHA-1に加え、あらたにSHA-256、SHA-384、SHA-512をサポート。新アルゴリズムのサポートにより、さらに強固なセキュリティ対策が可能になります。

証明書パスの復旧と検証のサポート
新バージョンより、証明書パスの復旧をサポート。CryptoAPI証明書パス復旧エンジンの組み込みによる拡張がなされ、紛失した中間CA証明書の取得をサポートし、デフォルトのディレクトリから証明書を相互リンクします。また、CryptoAPI証明書パス検証モジュールが拡張され、業界標準の検証ロジックを適用できます。

バージョンアップや新規導入に対応するプロフェッショナルサービスも有償で提供
旧バージョン製品からのバージョンアップ、ならびに新バージョン製品に対するインプリメンテーション、インテグレーション、カスタマイズ、設計コンサルテーションなどのプロフェッショナルサービスもあわせて提供し、既存・新規いずれのお客様に対しても新バージョンのスムーズな導入をサポートします。

<本件の掲載に関するお問い合わせ先>
エントラストジャパンPR事務局
担当:村木・森田・木村
TEL: 03-5572-6064 FAX:03-5572-6065
E-mail :entrust@vectorinc.co.jp
エントラストジャパン株式会社
マーケティング部宮部・井上
TEL:03-5289-8880 FAX:03-5289-8870
E-mail:japan.mktg@entrust.com



ページの先頭へ