2010年5月11日

エントラストジャパン株式会社

東京大学、エントラストジャパンのEV SSLサーバ証明書を採用
~Web サイトの信頼性向上、情報セキュリティ面からの内部統制強化を支援~

 オンラインサービスのユーザである一般消費者から、企業 / 政府官公庁まで、それぞれに求められるセキュリティ要件に柔軟に対応する製品を提供、レイヤーごとに最適化されたセキュリティ対策実現を強力に支援するエントラストジャパン株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:保坂 真)では、Webサイトにおける個人情報などの保護と、サイト訪問者に対する安全性の強化、信頼感向上を強力に推進する EV SSL サーバ証明書を提供しています。
 この度、東京大学(本部:東京都文京区)では、エントラストジャパンの EV SSL サーバ証明書を購入。2009年12月から約 3 カ月のテスト運用を実施した後、2010 年 3 月に正式運用を開始しました。EV SSL サーバ証明書の導入により、同大学の Web サイトでは、運営者の実在性の厳格な審査を受けた、信頼のおける Web サイトであることを証明することが可能になり、フィッシング詐欺を目的とした Web サイトではなく、同大学の正規サイトであることを利用者に明確に示すことができるようになりました。


【採用の経緯】
 東京大学では、従来より、国立情報学研究所を中心として取り組まれている全国大学共同電子認証基盤構築事業 ( UPKI:University Public Key Infrastructure ) が発行するサーバ証明書を利用していましたが、対外的に高い信頼性が求められる Web サイトへの試験的な導入を目的として、今回、 EV SSL サーバ証明書の導入を決定しました。全国大学共同電子認証基盤構築事業のプロジェクトのメンバーでもある東京大学 情報基盤センター 佐藤周行准教授 は、「 EV SSL サーバ証明書が必要な情報サービスを特定し、情報サービスのグレード付けを行うことによって、情報セキュリティの視点から内部統制強化を図ることも目的の 一 つ」と、同大学における EV SSL サーバ証明書の需要を喚起するという視点からも検討された取り組みであるとのことです。また、「価格が合理的だったことと、以前から構築していた学内のサーバ証明書発行審査の体制をそのまま利用できたことも採用理由の一つです」(佐藤准教授)と、導入に際してのコストメリットも評価されています。


【現在の運用状況と将来への期待】
 「EV SSL サーバ証明書は、東京大学情報基盤センターが窓口となって一括発注しています。学内の Web サーバ管理者から要望があった場合に、情報基盤センターが発行処理手続きを代行する形ですね」と、佐藤准教授。学内の EV SSL サーバ証明書への認知も広がりつつあるとのことで、「情報セキュリティへの意識も確実に改善されています」と、内部統制の強化といった視点からも、学内のセキュリティ意識の向上に寄与する取り組みとして評価されています。


Entrust EV SSL サーバ証明書 概要

 Entrust EV SSL サーバ証明書は、フィッシング詐欺や中間者(マン・イン・ザ・ミドル)攻撃をはじめ、年々巧妙化するオンライン取引におけるトラブルを未然に防止し、 Web サイト利用者の個人情報などの保護を強力に推進するサーバ証明書として、インターネットの安心・安全な活用をサポート。可能な限り高いレベルの Web セキュリティを確保するために、一目で分かる緑色のアドレスバーで表示します。 Microsoft® Internet Explorer® (7.0 以降) 、 Mozilla Firefox (3 以降) 、 Opera 、Google Chrome など、最新ブラウザのビジュアルな通知機能も利用可能です。


Entrust EV SSL サーバ証明書製品特長

  • 迅速な発行
  • 128 ビットおよび 256 ビット SSL 暗号化に対応
  • 1 年または 2 年の有効期間を選択可能
  • 99 パーセント以上のブラウザが信頼
  • アドレスバーを緑で表示するなど、 Microsoft IE7 、 Firefox 3.0 、および Opera 9.5 ブラウザのビジュアルなセキュリティ通知機能を有効化
  • サブジェクト代替名 ( SubjectAltName ) 拡張により、同じ SSL 証明書を使用して 2 つの異なる完全修飾ドメイン名 ( FQDN ) を持つ1台の Webサーバを保護することが可能
  • 証明書の有効期間内の無制限再発行保証により、SSL 証明書展開時の軽微なエラーによる予期しないコストの発生を抑制
  • WebブラウザとWebサーバ間の認証、およびサーバ間認証が可能
  • オンラインによる注文追跡機能とお客様アカウント機能により、証明書要求の追跡、更新、および追加プロセスの簡略化、迅速化を支援
  • Entrust 証明書管理サービスの拡張管理画面でもご利用可能

【東京大学について】

 1877年創設の日本でもっとも古い歴史を持つ大学。欧米諸国の諸制度を参考に、日本初の近代的な大学として設立され、第二次世界大戦後、「国立東京大学」となった。科学・技術の進歩と文化の創造に貢献する、世界的視野を持った市民的エリートが育つ場であることを目標に掲げている。


<本件の取材・掲載に関するお問い合わせ先>
エントラストジャパン株式会社
マーケティング部 尾本・阪口
TEL:03-3560-5165 FAX:03-3560-0785
E-mail : japan.mktg@entrust.com

ニュース一覧に戻る)(ページトップへ

ページの先頭へ