2012年4月11日

エントラストジャパン株式会社

包括的・多用途のアプリケーション用認証プラットフォームの新バージョン
「Entrust IdentityGuard 10.1」を販売開始
~高度な認証情報管理機能等を強化~

エントラストジャパン株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:保坂 真)は、インターネット・アプリケーションや企業向けアプリケーションの包括的かつ多用途の認証プラットフォームであり、また高度な認証情報管理システムであるEntrust IdentityGuardの新バージョン「Entrust® IdentityGuard 10.1」の販売を開始いたします。
本製品の強力な認証機能により、組織がセキュリティの実装を設計する際、リスクに基づくアプローチを行うことができ、また柔軟な実装オプションがあるため、強固な認証方法を、各組織に固有の様々なタイプのユーザ、トランザクション、アプリケーションに関連するリスクレベルにマッチさせられます。


【新しい特徴】

モバイルデバイスでの認証
既存のデバイスをそのまま使うことが可能で、アップデートや機能追加が容易です。さらに10.1では使いやすいインターフェイスに改良され、スマートフォンを活用した仮想的なスマートカードを利用できる機能が追加されました。

証明書の取りこみ機能
管理者もしくはセルフサービスモジュールを通して、Entrust®SecurityManager™やMicrosoft CAの認証局からデジタル証明書が発行可能となる機能が追加されました。

物理アクセスカードシステム(PACS)と統合
Entrust® IdentityGuard 10.1はPACSと統合され、カードをエンコードすると同時に、高度な認証情報をPACSへ登録することができるようになりました。PACSシステム内の認証情報のステータスを閲覧することも可能で、またマニュアル作業での登録や一時記憶をさせることができます。

プリントモジュールによる既存の高度な認証情報を削除可能に
管理用インターフェースを通じ、すべての情報を既存の高度な認証情報から削除できるようになりました。個人情報が含まれていなければ、高度な認証情報は再利用可能で、また安全に削除することができます。


【その他の変更点】

エンコーディングを強化
Entrust® IdentityGuard10.1ではIdentityGuard Self-Service Module10.1による高度な認証情報のエンコーディングに対応を開始致しました。

新しいアプレット構成設定用ユーザインターフェース
プリントモジュールのIdencode.iniを用いずに、IdentityGuard管理インターフェースからアプレットの構成設定ができるようになりました。アプレットを構成設定後、高度な認証情報の定義に追加する際も管理インターフェースを用います。

高度な認証情報の定義テンプレート
高度な認証情報を定義する際に役立つよう、IdentityGuardは事前に設定された定義テンプレートを有しており、管理インターフェースからIdentityGuardへロードさせることができます。この定義は登録に必要な属性を含むので、定義を別途インポートする必要はありません。

サードパーティのOATH規格認定トークンに対応
「スタンドアロンのクライアント」のためのOATH規格認定プロファイルを満たしたサードパーティのトークンを管理できます。


【エントラストについて】
Entrust Inc.は、企業、消費者、市民、ウェブサイトなどを対象とし、世界 60 カ国以上に展開している、4,000 以上の組織に対して、アイデンティティに基づいた(identity-based security)身元確認・ソリューションを提供しています。エントラストのアイデンティティに基づいた(identity-based security)身元確認の実現において、リーズナブルな価格、専門技術、およびサービスを提供します。認証強化、不正自動検出、デジタル証明書、SSL、PKI(公開鍵基盤)についてのお問い合わせは、88-690-2424にお問い合わせを頂くか、entrust@entrust.comにメールを頂くか、もしくはウェブサイトhttp://www.entrust.comをご参照願います。 Let’s Talk
Entrust は米国やカナダ、およびその他の国における Entrust Limited の登録商標です。また、Entrust 製品の名前はすべて、特定の国における Entrust, Inc. または Entrust Limited の商標または登録商標です。その他の会社名、製品名、および商標は、各社の商標または登録商標です。



<本件の取材・掲載に関するお問い合わせ先>
エントラストジャパン株式会社
マーケティング部 阪口
TEL:03-5289-8880 FAX:03-5289-8870
E-mail:japan.mktg@entrust.com
<本件に関する本社へのお問い合わせ先>
Entrust, Inc.
Lindsey Jones, Media Relations
TEL:+1-972-728-0374,
E-mail:lindsey.jones@entrust.com
Web:www.entrust.com


ニュース一覧に戻る)(ページトップへ

ページの先頭へ