2014年11月05日

エントラストジャパン株式会社

データカードグループとエントラスト社、
新グループ名とコーポレートブランドを発表

Trusted Identities(信頼のおけるID創出)とSecure Transactions(より安全な取引の実現)を可能にするソリューション創出に向けた、新たなコーポレートブランド「Entrust Datacard」

【2014年11月4日:フランス、パリ】データカードグループ(本社:米国ミネソタ州ミネアポリス)とエントラスト社は、現在フランスにて開催中の展示会「CARTES Secure Connexions2014」にて新グループ名、ロゴ、コーポレートブランドを発表。長年にわたり業界をリードして参りました2社を統合した新しいコーポレートブランド「Entrust Datacard」が誕生いたしました。
Entrust Datacardの社長兼CEOであるトッド・ウィルキンソンは、次の通りコメントしています。
『エントラスト社の買収よりまだ1年にも満たない短い時間の中、両社を一体とした新たなブランドを誕生させたことは、両社がこれまで培ってきた様々なビジネス資産を引き継ぐとともに、お客さまやマーケットから求められる様々なご要望に迅速にお応えしていくというコミットメントを現します。

世の中は変化しています。様々なものがネットワークでつながり、モバイル化が進む中、この進化がお客様にどういう影響を及ぼすのか理解し、変化するマーケットでトレンドを創出していくという意味合いにおいて、この新しいブランドとコーポレートIDは我々が目指す進化を体言しているといえるでしょう。

今回、コーポレートIDは新しくなりますが、製品ブランドは「Datacard」と「Entrust」のブランド資産を残す形になります。また、それぞれ、製品ポートフォリオに沿って発展を目指すと共に、「Entrust Datacard」のもと、両ブランドのテクノロジーを統合した新たなソリューションをコンシューマや企業、市民向けアプリケーションとして提供して参ります。

両社の統合は、ポートフォリオが補完的であるという事から、非常に早いペースで進んでいます。ポートフォリオを更に充足させていく事で両社が一つになり、既存の技術を統合させていきながら、更に新製品を開発すべく、尽力して参ります。

我々は、新しいTrusted Identities(信頼のおけるID創出)とSecure Transactions(より安全な取引の実現)を可能にするソリューションの提供に向けて、経営資源の統合に注力しています。旅行における出入国やお買い物、または企業のネットワークに接続といった場合など、どんな場合でも「いつでも、どこでも」いう要望が増加しています。Entrust Datacardのソリューションはその実現はもとより、それをよりセキュア(安全)に、信頼のおける方法で提供して参ります。』

CARTEに関する詳細はこちらからご覧ください。

ニュースリリース本文(英語)はこちらからご覧ください。



<掲載に関するお問い合わせ先>
エントラストジャパン株式会社
マーケティング部 芳賀
TEL:03-5289-8880 FAX:03-5289-8870
E-mail:japan.mktg@entrust.com


ニュース一覧に戻る)(ページトップへ

ページの先頭へ