2015年12月3日

エントラストジャパン株式会社

Entrust Certificate Services 新機能のお知らせ

~SSLサーバ証明書の管理をシンプルに
 自動化されたツールによる検知・レポートで、重大なセキュリティ事故を予防します~

※本資料は、Entrust Datacard, Inc.より、現地時間の2015年12月1日に配信されたニュースリリースを抄訳したものです。

2015年12月1日、ミネソタ州ミネアポリス発/News Release/–エントラスト・データカードは、クラウドベースのSSLサーバ証明書管理プラットフォームであるEntrust Certificate Servicesに、いくつかの機能強化を行ったことをお知らせします。新たな機能によって証明書管理はよりシンプルになり、取得・設定・導入といった電子証明書のあらゆる管理プロセス、コンプライアンス監視、セキュリティースキャンを制御します。

SSLサーバ証明書の購入、設定、導入、監視、そして更新を簡単にしたEntrust Certificate Servicesは、市場において最も能率化された最新のプラットフォームです。

「我々は、お客様にとっての証明書管理を簡単にするため、また期限切れや粗悪な証明書、不適切に導入された証明書などによる経済的な損失からお客様を守るために、Entrust Certificate Servicesの機能を大いに拡大しました。不正などによる証明書に関連した問題は、年間に数十万ドルもの損失を生みだすだけでなく、サイトが安全ではないと思わせてしまうだけで見込み顧客からの利益を失うことにもつながるのです。」
――エントラスト・データカード グローバルマーケティング・シニアバイスプレジデント Russell St. John


主な新機能:

Entrust® Turbo™ 自動インストールクライアント

SSLサーバ証明書のインストール、Microsoft Windowsプラットフォーム上のサーバへの設定を簡潔にします。自動的にサーバへ直接インストールすることは展開速度を速め、設定ミスの可能性を大いに減少させます。


SSLサーバの自動テスト

サーバの設定や構成に対する定期的なテストを実行し、Heartbleed、Poodleその他の脅威から守ります。


レポートエンジン

エントラストが発行した証明書もしくはエントラストが検知した証明書に関する統合された情報が、既定のレポートもしくはカスタマイズされたレポートで送られます。さらに管理画面のダッシュボードでも確認が可能です。ユーザーはダッシュボードのビューやドリルダウンの構成をカスタマイズすることができます。


自動警告

証明書のポリシー、ベストプラクティス、コンプライアンスやその他重要な要件において問題が発生する可能性を自動検知し、警告をEメールもしくはダッシュボードのプロンプトで受け取ることができます。


サイト分析とレポート

所有するSSLサーバ証明書に関連したすべてのWebサイトを継続的にスキャンし、それぞれのサイトのセキュリティレベルを測定します。さらに証明書の所在地、証明書とサーバの構成、それぞれのサイトの証明書の枚数と種類、マルウェア構成その他多様な要件に対してレポートを提供します。


証明書ピックアップウィザード

直感的な新しいプロセスがサーバに応じたインストラクションとファイルの提供により証明書のインストールをスピードアップさせます。証明書の情報、トラッキングナンバー、サーバタイプ、関連する証明書のなどの全ての情報が表示されます。


「我々のお客様は、ネットワークのセキュリティには単にSSLサーバ証明書を導入する以上のことが要求されることに気づいています。そしてSSLサーバ証明書のより良い構成、スキャン、監視、更新を可能とする、新たな機能を求めていました。Entrust Certificate Servicesの新たな機能はこれらの要望、そしてそれ以上のものに応えます。」

――St. John


Entrust Certificate Servicesの詳細はこちらをご覧ください。

https://japan.entrust.com/products/ecs/index.html



<ブランドリニューアルに関するお問い合わせ先>
エントラストジャパン株式会社
マーケティング部 芳賀・石尾
TEL:03-5289-8880 FAX:03-5289-8870
E-mail:japan.mktg@entrust.com


ページの先頭へ