Admnistration Services

Entrust Authority™ Admnistration Services は、Entrsut Authority Security Manager の発行するデジタルIDのためのアカウント登録・管理を安全に行うことのできる Webインターフェースを提供するポータルアプリケーションです。Administration Services には、ユーザーマネージメントサービス(UMS) とユーザーレジストレーションサービス(URS) の 2つのWebベースのサービスがあり、管理者のためのインターフェースだけでなく、ユーザー自身がセルフサービスでアカウント管理を行うインターフェースが用意されています。

主要機能

Webベースの分散管理 

Entrust Authority™ Administration Services は複数の離れた拠点を持つ組織においてローカルな分散管理機能を柔軟に提供します。

Entrsut Authority™ Security Manager の管理権限を持つ管理者に Webベースのインターフェースを提供するのは Entrust Authority™ Administration Services のユーザーマネージメントサービス(UMS) です。

管理者はブラウザから UMS の Web インターフェースにログインして、ユーザーアカウントの作成・修正・非アクティブ化や、タスクの承認・キャンセル、ユーザー検索などの管理タスクを実行できます。UMS の全ての管理機能はポリシーで中央管理されていて、Entrsut Authority™ Security Managerで実行されます。

Entrsut Authority™ Administration Services は UMS をスタンドアローンなWebアプリケーションとして実行しており、 Entrust TruePass による安全な管理者 ID 認証を通じて保護しています。

さらに Entrsut Authority™ Administration Services は管理操作要求に対して、他の管理者による承認待ちオプションを提供することで、デジタルIDの登録・発行における検証手続きを組織に適したレベルで実現することができます。

ユーザー自身で行えるセルフ管理サービス 

Entrust Authority™ Admnistration Services では、ユーザーレジストレーションサービス(URS) を利用して、Webブラウザを使用して、ユーザーへの証明書発行、証明書のリカバリ、証明書の失効等の一連の証明書管理業務を実行できます。

URSにアクセスしてもらって、ユーザーが自ら証明書の管理作業を行うように促すことで、証明書の迅速な展開と、ヘルプデスクコストを削減すことができます。

Entrust Authority™ Admnistration Services のGUIは、ほとんどのユーザーにとって親しみやすいWebベースで提供され、また、お客様に合った画面のカスタマイズを簡単行うことが可能です。

証明書の発行を自己登録で行う場合、何らかの本人認証が必要です。URSでは、外部認証サービスの利用を可能にするためのAPIも提供されています。この認証APIを用いて本人認証スキームをカスタマイズ可能です。

たとえば、お客様の人事データベースとEntrust Authority™ Administration Servicesを連携し、人事データベースに格納されているユーザー固有情報を証明書自己登録画面から入力し、DBと照合することで本人認証を行う、といったシステム構築が可能になります。これにより、管理者は電子認証局へのユーザー登録業務から解放され、管理コストを大幅に削減することができます。

また、既存のWebを使用したワークフローシステムなどと連携することで、証明書申請から登録までを統合することができます。

ご質問・ご相談 お気軽にお問い合わせください

電話でのお問い合わせ

03-6738-6710

(平日9:00~18:00受付)

メールフォームからお問い合わせ

お問い合わせ カタログダウンロード

Authority

PKIセキュリティ
ソリューション

 関連情報

お問い合わせ カタログダウンロード

03-6738-6710

(平日9:00~18:00受付)

ページの先頭へ