Authority Toolkit

Entrust Authority Toolkitはエントラスト製品において、技術的中核をなす製品です。

Entrust Authority Toolkitは、アプリケーション開発者から、難しく複雑なローレベルの暗号機能を意識させないようにすることで、非常に簡単に、すばやくアプリケー ションにセキュリティ機能を組み込むことを実現します。既存の標準技術やプロトコルをベースに開発されたEntrust Authority Toolkitにより、相互運用を可能としたシステムソリューションの提供が可能です。

特徴

Entrustのセキュリティフレームワークと連携

Entrust Authority Security Managerの提供する、ディジタルIDのライフサイクル管理、セキュリティ管理と簡単に統合することができ、自社開発アプリケーションなどに強力なセ キュリティ機能を簡単に付加することができます。

簡単に利用が可能

Entrust Authority Toolkitは、アプリケーション開発者が簡単に利用できるHi-Level APIを提供します。これにより、暗号・署名などのセキュリティ技術の実装ではなく、ビジネスロジックの実装にフォーカスすることができます。

また、暗号エンジンに対して直接アクセスするためのLow-Level APIも提供しますので、必要に応じてアプリケーションから直接暗号エンジンを操作し、セキュリティ機能を実装をすることも可能です。

高い相互運用性

Security Toolkit for Javaは、全て業界標準に基づいて構成されているため、Entrustの環境、他社のCA製品の環境を問わず、高い相互運用性を持ったアプリケーション の開発が可能です。

Entrustの提供するToolkit群

  • Security Toolkit for Java
  • Security Administration Toolkit for Java
  • Administration Toolkit for C
  • PKCS#7 Toolkit for C/C++

OS

  • Solaris 9, 10
  • Windows XP
  • Windows Server 2003

暗号アルゴリズム

ハッシュ関数

SHA1、SHA2

公開鍵暗号

RSA、 DSA、ECDSA

対称鍵暗号

AES、 DES、3DES、IDEA、CAST-128、RC2、RC4

使用する標準

証明書管理

PKIX- CMP(RFC2510)

署名暗号フォーマット

PKCS#7

証明書要求

PKCS#10

ICカード、HSMアクセス

PKCS#11

暗号鍵交換

PKCS#12

パスワードベース暗号化

PKCS#5

SSL3.0/TLS1.0

RFC2246

S/MIME3.0 証明書操作

RFC2633

XML署名

RFC3275(Security Toolkit for Java)

XML暗号

W3C Draft(Security Toolkit for Java)

※Entrust/Toolkitをご利用頂く場合には、Entrust Authority Security Manager、及び、ディジタル証明書が必要になります。

※上記に記載がない3rdパーティ製品におけるマイナーバージョン番号、エディション、パッチ番号等の詳細情報は、弊社までお問い合わせください。弊社販売代理店様は、代理店様専用の情報サイトにてサポート詳細情報をご確認ください。(2010年9月現在の情報です)

ご質問・ご相談 お気軽にお問い合わせください

電話でのお問い合わせ

03-6738-6710

(平日9:00~18:00受付)

メールフォームからお問い合わせ

お問い合わせ カタログダウンロード

Authority

PKIセキュリティ
ソリューション

 関連情報

お問い合わせ カタログダウンロード

03-6738-6710

(平日9:00~18:00受付)

ページの先頭へ