アイキャッチ

電子メールの受信者がスパムまたはフィッシング電子メールを正当な送信者の電子メールと区別できるようにします。

お問い合わせ

Secure Email証明書の利用目的と機能

 

Secure Email証明書を使用すると、電子メールと添付ファイルにデジタル署名して暗号化できます。

  • 電子通信のための最高レベルのセキュリティを担保します
  • 組織または個人が利用できる身元保証を実現します
  • デジタル署名は、メッセージがどこから発信されたか、改ざんされていないことを証明します
  • 暗号化により、メッセージが目的の受信者に安全に送信されます

あらゆる規模でメールを保護

当社は、多数の従業員を持つ企業がSecure Email証明書の展開とライフサイクル管理を自動化できる自動化機能を提供します。

  • 私たちは、スケーラブルな企業全体の電子メールセキュリティを提供し、ヘルスケア、政府、金融機関、およびその他のセクターに関連する機密性規制を遵守します。
  • 当社のSecureEmail証明書は、所有しているユーザーの数やユーザーが使用しているプラットフォームに関係なく、任意のオペレーティングシステムの従業員のデスクトップとデバイスに数分で導入できます。
  • 当社では、自動化されたSecure Email証明書の展開、セットアンドフォーゲットの更新、および完全なキー履歴とエスクローによる自動バックアップ/復元を提供します。

 

 

自動化されたキー履歴のバックアップと復元
マシンを切り替えたり、証明書を更新した後でも、データの復号化を確実にします。

 

無制限の再発行
パスワードを紛失した場合やマシンを再イメージングした場合は、証明書を再発行できます。

 

アプリの互換性
Microsoft Outlook / Express、MozillaThunderbird、Apple MailなどのS / MIME互換メールアプリケーションから信頼されています。

 

証明書の失効
出発時に従業員のデジタルIDをただちに取り消して、従業員としてデジタル署名できないようにします。

ご提供価格とご利用にあたり

  • セキュアメールは、メールの署名と暗号化に使用されます。
  • Secure Email EnterpriseはNPモデルでのみ使用でき、既存のプーリング/フレックスアカウントに追加できます。
  • 暗号化は、両方のデバイス(送信者/受信者)がS / MIME証明書を持ち、すでに鍵を交換している(署名付きメールを送信している)場合にのみ機能します。
  • Secure Emailは、SMIME(Outlook、Outlook Express、Thunderbird、Lotus Notesなど)でご利用可能です。
  • 安全な電子メールは、多くのデバイス(PC、Mac、IOS、Androidなど)で信頼されています。
  • 本Secure Email Enterprise は、Class2証明書で1枚からお求めいただける個人向けの電子証明書です。
定価
1年 ¥6,200
2年 ¥12,400
3年 ¥18,600

ボリュームに応じてディスカウントさせていただきます。

顧客価値リーダーシップ

 

当社は、Frost&Sullivan 2020 Customer ValueLeadership Awardを受賞し、高い顧客満足度、革新性、機能豊富なポートフォリオで評価されています。

署名付きメールの確認方法(Microsoft Outlookの場合)

 

ご質問・ご相談 お気軽にお問い合わせください

電話でのお問い合わせ

03-6738-6710

(平日10:00~17:00受付)

メールフォームからお問い合わせ

お問い合わせ カタログダウンロード

ページの先頭へ