Messaging Server

アプライアンス・プラットフォーム上のEメールセキュリティソフトウェア

Entrust Entelligence Messaging Server(エントラスト エンテリジェンス メッセージング サーバ)は、外部のビジネスパートナーや顧客とのセキュアなコミュニケーションを容易にするEメールセキュリティソリューションです。Messaging Server Eメールセキュリティソフトウェアは、ハードウェア・アプライアンスとして出荷され、標準ベースのEメール暗号化機能を包括的なプラットフォームで提供します。このEメールセキュリティソリューションは、Eメールでセンシティブな情報や規制対象の情報を(組織内外との間で)やり取りする組織において、容易に導入し、維持管理することができます。

Messaging ServerのEメールセキュリティの特長は、次のとおりです。

  • OpenPGP、S/MIME、Secure PDF、Webメール、DKIM など、幅広いセキュリティオプションをサポートするEメール暗号化機能を提供

  • ユーザ定義のポリシーに基づいた送信メッセージのオンボードのコンテンツ フィルタリングや、Microsoft Office ドキュメント形式、HTML、XML、pdf、.zip および .tar アーカイブ形式などの添付ファイルを始めとしたコンテンツのスキャンが可能

  • S/MIMEやOpenPGPに準拠した既存の外部ユーザ証明書を透過的に取得し管理、またオンボード認証局(CA)が組み込まれ、必要に応じて内部と外部の両方のユーザ向けに新しいS/MIMEプロキシ証明書を生成可能。既存のMicrosoft社やエントラストCAとも統合が可能

  • 複数のMessaging Serverアプライアンスのクラスタリングにより、ロードシェアリングとフェールオーバーの要件をサポート

  • 包括的なシステム管理、運営、レポート、および監査機能を提供し、最も厳しいIT要件にも対応。システムダッシュボード、メッセージトラッキング・インターフェース、さまざまなレポートおよび診断ツールを装備

  • ポータル認証システム、コンテンツ制御、Eメールアーカイブ、ストレージエリア・ネットワーク、スパム/ウィルス対策、SNMPモニタリング、多目的認証機能といったオプション・ソリューション・コンポーネントとの統合により、多階層にわたるセキュリティを導入

  • BlackBerryやHTML対応ブラウザ搭載の携帯電話といった、モバイルEメールクライアントをサポート

  • アプライアンス・プラットフォームで利用可能。ハードウェア、オペレーティング・システム、サポート・アプリケーション(組み込み認証局 [CA] を含む)、および継続的なオンライン・アップデートが含まれる

  • サポート対象のOS上で動作しているEntrust 製品に対し、VMware環境上で動作している場合についてもサポートを提供することが可能

  • Webメールのユーザ画面についてお客様が独自の翻訳を作成してアップロードする機能をサポート(日本語標準テンプレート付き)

ビジネスパートナーや顧客とのコミュニケーションを保護

Messaging Serverでは、お客様のメッセージング環境外のさまざまなユーザにおいてもEメールメッセージのセキュリティ保護が可能です。Messaging ServerはWebベースのEメールセキュリティに、国際標準であるOpenPGP、S/MIME、Adobe PDFやSSLなどの様々なEメール暗号化標準を使用します。これには、次のような特長があります。

  • このEメールセキュリティシステムは、外部ユーザのディジタルIDを自動収集して集中的に保存し、ユーザに対して透過的なEメールセキュリティを実現

  • 送信者が用意する情報は、宛先となる受信者のEメールアドレスのみ

  • 代替手段としてAdobe PDFやWebベースのEメールセキュリティが利用可能:組織外のユーザがディジタル証明書を持たない場合でも
  • S/MIME、Open PGP、Adobe PDF、WebMail Pull、WebMail Push などの暗号化標準を使用して外部の受信者との安全な通信を実現

バウンダリー(境界)ベースのEメールセキュリティ

多くの組織は、社内から外部の受信者へ向かうEメールメッセージのセキュリティを憂慮しています。Messaging Serverは、外部の受信者に送信される前に、Eメールを自動的に暗号化できます。ほかのデスクトップ・ソフトウェアやエンドユーザの操作は必要ありません。

メッセージのヘッダー情報 (送信者、受信者、受信者のドメインなど)、メッセージ本文の内容 (キーワード、正規表現 (REGEX))、および Microsoft Active Directory グループ メンバーシップに基づく暗号化を選択できます。

  • Lotus DominoRやMicrosoft ExchangeRなど、大部分のEメール環境をサポート

  • オンボート(ネイティブ)添付のファイルスキャンが可能

  • ほかのデスクトップ・ソフトウェアの導入は不要

  • エンドユーザの操作なしでEメールセキュリティを実現

ユーザ操作の簡素化

Eメールセキュリティでは、ユーザ側の操作がほとんど、またはまったく要求されない場合が最も望ましい動作といえます。Messaging Serverを使用した場合、送信者が指定するものは受信者のEメールアドレスだけです。暗号化されたEメールメッセージを送信する前に、Eメールの受信者が使用している暗号化方式を確認したり、受信者のEメールセキュリティ証明書(ディジタル証明書またはOpenPGP鍵)を取得したりする必要はありません。

  • 送信者が用意する情報は、宛先となる受信者のEメールアドレスのみ

  • 外部ユーザのディジタルIDは必要に応じてMessaging Serverにより自動収集および集中保存されるため、エンドユーザに対して透過的なEメールセキュリティが実現

  • Research in Motion(RIM)BlackBerry?プラットフォームとの連携により、メッセージ暗号化機能をBlackBerry環境にも拡張

  • 任意のブラウザ搭載携帯電話へのセキュアなWebメールの配信をサポート

暗号化による法令順守

Messaging Serverは、顧客、患者、ビジネスパートナー、および市民の個人識別可能情報(PII:Personal Identifiable Information)など、センシティブなデータの(暗号化による)保護に関連して増加している業界、州、および連邦レベルの規制への準拠に役立ちます。

  • センシティブな情報や規制対象の情報をEメールでやり取りするときに、規制上のペナルティを回避し、安全な暗号化を活用

  • 電子メールのヘッダと本文のスキャンによるキーワードや正規表現のパターン マッチングに加え、電子メール添付ファイルを開いてスキャンできるため、電子メール暗号化とコンテンツ スキャンを 1 つのプラットフォームで利用することが可能

  • 送信メッセージが特定のルールに一致した場合、自動で暗号化や署名処理するかわりに、送信元にメッセージ内容が不適切であることを通知するメールを返信する「バウンス」処理もサポート

ダウンロード

 Entrust Entelligence Messaging Server カタログ
 Entrust Entelligence Messaging Server データシート

製品概要│技術説明動作環境

ご質問・ご相談 お気軽にお問い合わせください

電話でのお問い合わせ

03-6738-6710

(平日9:00~18:00受付)

メールフォームからお問い合わせ

お問い合わせ カタログダウンロード

ページの先頭へ