GetAccess製品概要

ユーザーIDとパスワードの管理に労力がかかっていませんか?エントラストが提供するシングルサインオンソリューション

EntrustGetAccess(エントラスト ゲットアクセス)を利用すると、ユーザーは単一ポータルから複数アプリケーションへのシングルサインオンが可能です。そのため、運用部門はアプリケーションごとに認証を検討する必要がなくなり負荷が削減されます。

Entrust GetAccessの特徴と機能

Entrust GetAccess (エントラスト ゲットアクセス) は、リスクレベルに応じて認証を強化する「ステップアップ認証」により、従来のシングルサインオンでは変更できなかった認証後の権限を設定することが可能です。

IDとアクセスをセキュアに管理する機能。役割とルールに基づきアクセスを制御するアクセスコントロール機能。ドメイン、アプリケーション、Webサーバーのログインを一元化できるシングルサインオン機能

図

ユーザー認証の統合を実現

イメージ

ユーザーの満足度向上・セキュリティ強化

ユーザが複数のIDとパスワードを使い分けなければならない状況を改善し満足度・生産性を向上させます。

社内全体のコンプライアンス浸透

ユーザがいい加減にパスワードを扱うことがなくなるため、セキュリティが向上し、不正アクセスのリスクを軽減することで社内全体のコンプライアンスが推進されます。

運用部門のTCO削減

パスワードの紛失・喪失時に発生するリセット要求が提言することにより運用業務全体のコスト削減が出来ます。

多種多様な認証手段とアクセス制御

導入事例

北海道大学

各部局・担当部署ごと、独自に業務システムを構築・運用していたが、「Entrust GetAccess」「Entrust Authority」の導入により、シングルサインオンシステム・PKI基盤を構築。学内外からのセキュアな認証とシングルサインオンを実現。

 資料PDFはこちら

朝日新聞社

朝日新聞社は「Entrust Authority」、「Entrust Entelligence」、「Entrust GetAccess」の3製品を採用することにより、PKIとICカード を利用した社内認証基盤を確立。デスクトップ・セキュリティを強化しつつもユーザの利便性 も確保できるシングルサインオン機能を実現。

 プレスリリースはこちら

マックス株式会社

マックス株式会社は、多彩な事業の各部署で発行されていたIDとパスワードによる認証を、 「Entrust Authority」「Entrust GetAccess」の導入により、社内外のアクセス制御の強化を実施。これにより、無効にすべきIDを把握し、迅速な対応が可能となった。

 資料PDFはこちら

概要│主要機能動作環境

ご質問・ご相談 お気軽にお問い合わせください

電話でのお問い合わせ

03-6738-6710

(平日9:00~18:00受付)

メールフォームからお問い合わせ

お問い合わせ カタログダウンロード

GetAccess

シングルサインオン
ソリューション

お問い合わせ カタログダウンロード

03-6738-6710

(平日9:00~18:00受付)

ページの先頭へ