ioTrust™による
IoTセキュリティの実現

 

信頼できるモノのインターネット(IoT)を保証

デバイスの製造からIoTライフサイクル全体に至るまで、セキュリティを事前に考慮するセキュリティ・バイ・デザインによるコネクテッドエコシステムを確立します。ユーザー、アプリケーション、モノから構成されるセキュアで信頼できるエコシステムを実現することにより、IoTの展開と価値創出までの時間を短縮します。


お問い合わせはこちら

信頼できるデバイスが
つなぐバリューチェーン

会社、自宅、車などに代表される生活スタイルにおいて、そしてコンピューターの使い方において、かつてないレベルの変化を経験しています。具体的な内容については、下記のリンクより、無料のホワイトペーパーをダウンロードしてください。






セキュリティパートナー

柔軟な導入モデル、特定のテクノロジーにとらわれないアプローチ、豊富な経験に裏打ちされたコンサルティングサービスにより、お客様のビジネス成果の達成を支援します。

業界

エネルギー、公共事業(電気/水道/ガス)、化学、製造業などの業界が提供する製品やサービスは、現代生活に不可欠であり、信頼性とアップタイムが優先されるクリティカルなプロセスを自動化する必要があります。IoTは、これらのシステムがより効率的に稼動し、セキュリティが最優先される新しいビジネスモデルを実現すると見込まれています。

詳細を見る(英語)

自動車

2021年までに、自動車産業におけるIoTは、3億6000万台を超えるコネクテッドカーの公道走行を可能にすることで約8兆ドルの新しい収益源を生み出し、35%という驚異的な年間複合成長率(CAGR)をもたらすとされています。また、82%以上のコネクテッドカーが、セキュアなエコシステムを必要とするコネクテッドサービスを利用することになると予想されています。

詳細を見る(英語)

通信

通信事業者は、通信回線だけでなく、バリューチェーンからさらなる付加価値を創出しようとしています。既存の通信インフラストラクチャーを、IoTビジネスにおける潜在的なユースケースに適応させようとしています。多くの通信事業者は、長い期間をかけて構築してきた複雑で堅牢なインフラストラクチャー上に、アプリケーションや新しいソリューションの価値を付加することでビジネスチャンスが拡大すると考えています。

詳細を見る(英語)

メリット

omni icon

セキュリティ・バイ・デザイン
によるコネクテッドエコシステム

デバイスの製造からIoTライフサイクル全体に至るまで、セキュリティを事前に考慮するセキュリティ・バイ・デザインによるコネクテッドエコシステムを確立します。ユーザー、アプリケーション、モノから構成されるセキュアで信頼できるエコシステムを実現することにより、IoTの展開と価値創出までの時間を短縮します。

blue ribbon icon

セキュリティパートナー

柔軟な導入モデル、特定のテクノロジーにとらわれないアプローチ、豊富な経験に裏打ちされたコンサルティングサービスにより、お客様のビジネス成果の達成を支援します。

check icon

コンサルティングサービス

弊社には、数十年にわたってデジタルアイデンティティを保護する業務に従事し、信頼を築いてきた実績があります。ID/アクセス管理が、お客様のIoT導入、展開のあらゆるフェーズにおける成果をいかに改善するかをご提案することができます。また、広範囲なコンサルティングサービスを提供します。より強固で洗練された、かつよりセキュアなコネクテッドエコシステムを設計できるようになるほか、ソリューションを市場投入するまでの時間を短縮するためのご支援をします。

rocket icon

将来も使い続けられる
ソリューション

お使いのIoTデバイスとインフラストラクチャーをアップデートし、発展させることで、新しい機能を利用できるようにするほか、絶えず変化し続けるセキュリティ要件にも対応できるようにします。セキュアかつリモートおよびオンデマンドにてアップグレードを提供することにより、お客様がIoTへの投資を最大化し、効率的な運用を可能にします。

製品

ioTrust (3)

ioTrust™ Identity
Issuance

アイデンティティのプロビジョニングを利用することで、サプライチェーンエコシステムにおけるデバイスの登録を迅速に進めます。

ioTrust™ Identity
Management

ユーザー認証および権利認証を通じて、お使いのコネクテッドエコシステムにおけるユーザー、アプリケーション、モノの間で情報を保護します。

ioTrust™ Identity
and Data Security

データの流れを保護し、サプライチェーンに関する可視性を確保し、製品が製造されてからライフサイクル全体に至るまでのセキュリティ履歴を追跡します。